痛風や骨粗鬆症は予防が大切|イキイキ生きたく内科

医者

骨折のリスクが格段に上昇

病院

骨粗鬆症予防にはカルシウムだけではなく、カルシウムの吸収率が高まるようにバランスの良い食事を心がける必要があります。骨粗鬆症による骨折は寝たきりになってしまう高齢者の増加に繋がると危惧されており、特に女性は発症しやすいのできちんと予防することが大切となっています。

Read More...

首の痛みに要注意

女性

首や肩に激しい痛みやしびれが見られる人は、頚部脊柱管狭窄症の疑いがあります。自己判断で放置せず。しっかりと医師に診察してもらいましょう。また、メンタルの改善や生活習慣の改善、温熱による体質改善が必要です。

Read More...

健やかな体を維持する

医者

30代から50代の男性に多く見られる痛風は、足の指先に風が当たるだけでも激しい痛みを伴う症状です。大の大人が痛みに耐えられなくなるほどの深刻な症状で、歩くことや靴を履くことすら痛みで困難になります。そんな痛風の主な原因は生活習慣の乱れです。特に飲酒や喫煙などが痛風に大きく影響します。痛風は一度発症すると改善が難しいといわれているので、発症する前にしっかりと予防しましょう。また、痛風は腎障害や肥満高脂血症、糖尿病などさまざまな病気を併発する危険性があります。そのため、痛風を発症した人は、すぐに生活習慣を見直し、病院で適切な治療を受けることが大切です。血液中の尿酸が増えることで痛風は発症するので、日頃から水分摂取をこまめに心掛けましょう。

頸椎椎間板ヘルニアや頚部脊柱管狭窄症は、次第に足や手などにしびれが走ります。次第に日常生活が困難になってしまうので、ただの肩こりや腰痛だと自己判断をしないようにしましょう。はやめに改善を図ることで手術なしの完治が望めます。また、どちらも患部を温めることで痛みが軽減されます。患部を温め、安静にしておくことが大切です。保存治療では効果が得られないという場合は、マッサージや整体などを受け改善を図りましょう。また、適度なストレッチを心掛けると改善が早くなります。手術は最終手段として選択しましょう。ちなみに、骨の疾患は頸椎椎間板ヘルニアや頚部脊柱管狭窄症以外にもあります。それは、骨粗鬆症です。主に年配の人に見られる症状ですが、最近では栄養不足から若い人でも発症します。日頃から生活習慣を心掛け、予防をすることが大切です。

自己判断せず医療機関へ

医者

頸椎椎間板ヘルニアと診断された場合も、すぐに手術とはならないことがあります。また、飛び出してしまった椎間板の部分も時間をかけて自然に体の中に吸収されていくことがわかっています。しかし歩くのが困難になるような症状がある場合は手術になることもあります。

Read More...